2014年3月19日水曜日

Android Wearが発表される(開発環境構築編)

本日、Android Wearが発表されました。



Android Wearでは、スマートフォンと連携し、Android WearへのNotification表示や、タッチもしくは音声コマンドによるスマフォアプリの操作が可能なプラットフォームになっています。Android Wearと、Androidスマートフォン間のやりとりは、Intnet連携によりおこなわれます。

Android Wearの発売は、今夏の予定で、複数のメーカーから販売されるとの事です。現在は、開発者向けにDeveloper Preview版が公開されています。


それでは、実際にAndroid Wearアプリの開発環境を構築する方法を解説していきます。

1. Android Wear Developer Previewへの登録

にログインし、Sign Up for the Developer Previewに登録します。Android WearとAndroidアプリを連携するための開発者用ライブラリを取得できます。



2. 環境整備

下記のリストに示された環境を整える必要があります。

a. Android SDK Tools version 22.6.1
b. Android SDK Android Wear ARM EABI v7a System Image.
c. Eclipse側 Developers Tool version 22.6.1
d. Android 4.4.2がインストールされたAndroid実機


a. Android SDK Tools version 22.6.1b. Android SDK Android Wear ARM EABI v7a System Image.


Eclipse>Windows>Android SDK Manager


Android 4.4.2(API19)も一通りインストールしておくとよいでしょう。

c. Eclipse側 Developers Tool version 22.6.1


Eclipse>Help>Install new software...


Developer ToolsのVersionを2.2.6.x以上にしておきます。

d. Android 4.4.2がインストールされたAndroid実機


Nexus4 or Nexus5 or Nexus7の1台を用意。OSを4.4.2にアップデートしておきます。


3. エミュレータの準備

エミュレータの構築は、下記の手順でおこないます。

1. Android Virtual Device ManagerでAndroid Wearのエミュレータを起動
2. Android実機にはGoogle Play から Android Wear Previewというアプリをインストール
3. Android Virtual Device ManagerとAndroid実機のADBのコマンドでつなぐ



1. Android Virtual Device ManagerとPC上でAndroid Wearのエミュレータを起動

Eclipse>Windows>Android Virtual Device Manager 
を選択し、Android Virtual Device Managerを起動します。

[New]を選択し、Android Virtual Machineを新規作成します。


AVD Name: AndroidWear
Device: Android Wear Round(320x320 : hdpi)
Target : Android 4.4.2 - API Level 19
CPU/ABI : Android Wear ARM (armeabi-v7a)
...
Skin: AndroidWearRound


作成した、ADVを起動します。






2. Android実機にはGoogle Play から Android Wear Previewというアプリをインストール

OS 4.4.2にUpdateしたAndroid実機に、Google PlayからAndroid Wear Previewをインストールします。


Android Wear Previewをダウンロードするには、Developer Previewへの登録が必要です。

3. Android Virtual Device ManagerとAndroid実機のADBのコマンドでつなぐ

Android Wear Previewを実行し、Connectを選択します。


Android実機とエミュレータが起動しているマシンをUSBケーブルでつなぎ、下記のADBコマンドでミュレータと連携させます。

$ pwd
/Applications/android-sdk-macosx/platform-tools
$ ./adb -d forward tcp:5601 tcp:5601

これで、デバイスに到着したメール等のNotificationがエミュレータに転送されるようになります。






0 件のコメント:

コメントを投稿